[禁欲部]の検索結果

taiikunojugyoudeasakaramarasonwosurumarikodagamakkanakaowoshiteikiarakushitesuwa体育の授業で朝からマラソンをする麻里子だが真っ赤な顔をして息荒くして座り込む。友達の祐子が心配そうに駆け寄る。保健室まで連れて行くと祐子が言うが麻里子は1人で大丈夫だと言いその場を去って行った。心配になり麻里子の様子を見に保健室と教室に行くが見当たらない。探していると部室棟に入っていく麻里子を見かけた祐子。窓から部室を覗いていくと麻里子がいたが氷上のチンポをパイズリする姿だった。朝から氷上にローターをマンコに仕込まれて感じまくり我慢出来なくなった麻里子は氷上のチンポを求めてきたのだった。チンポにしゃぶりつく麻里子は嬉しそうに咥える。尻を突き出し限界だといいマンコを見せつけおねだりする。氷上はローターをマンコから抜き取りアナルに突っ込む。そしてマンコにチンポを挿入した。激しくマンコを突きまくり責めると喘ぎヨガる麻里子。それを見ていた祐子はマンコが熱くなり自然に手がマンコを弄っていた。放課後、麻里子が早々と帰ると祐子はまた氷上とSEXしていると思いマンコが疼いてしまう。祐子は部室を覗きに行った。目隠し拘束され差し棒で氷上にクリトリスを弄り回され喘ぐ麻里子。チンポで突かれ気持ち良さそうな麻里子を見ながら祐子はオナニーをする。麻里子は中出しされ何度も突かれて中出しされて逝った。祐子も激しくマンコを弄り逝った。氷上が窓から祐子を見ていた。
aninoharutaroutojijonosenshuuhajikangaarebaSEXbakarishiteita_koharugaharutarouda兄の春太郎と次女の千秋は時間があればSEXばかりしていた。小春が春太郎だと分かってからは絢夏と冬乃はSEXしなくなった。千秋がPCで催眠ソフトを作成して皆に催眠術が掛かって兄が小春に見えたり少年化したと思い込んでいたらしい。催眠が解けてから二日冬乃が大人しいのが引っかかる兄。千秋が学校から帰ってくるの待っていると冬乃がマンコを濡らして部屋に入ってきた。兄は嫌いだと言いながらチンポが忘れられないといい亀頭を舐め騎乗位で挿入してきた。激しく腰を振りながら喘ぎ部屋の外にいる絢夏に声を掛ける冬乃。絢夏は意地を張り拒否する。目の前でマンコを突かれまくり中出しされる姿を見ていた。深夜寝ていると拘束目隠しされて目が覚める兄。チンポを舐めまわされていた。千秋だと思っている兄。騎乗位素股でチンポを擦りつけていた。妹2人が現れ絢夏だと兄に教え絢夏に目隠しして押さえ兄に挿入させた。挿入しただけで潮噴いて逝く絢夏。激しく腰を振りまくりマンコの奥に中出しした。順番にマンコに挿入し中出ししまくる。三姉妹は兄のチンポを取り合う。兄は手マンとチンポで三姉妹を逝かせた。
seitokaichounohimenotofukukaichounogogatsuhahikamiwotaiikusoukoniyobidashita_him生徒会長の姫乃と副会長の皐月は氷上を体育倉庫に呼び出した。姫乃は禁欲部の活動を氷上に問い詰めてきた。生徒を騙し性欲を発散するために犯していると氷上に言うと生徒から求められ性欲を抑えるために犠牲になってしていると言ってきた。話にならないと怒り部員と直接話をすると言い呼ぶように姫乃が言うと氷上は新入部員を紹介すると言い皐月の名前を出した。皐月が制服を脱ぎ出した。マンコにローターを仕込み濡らした姿を晒した。動揺する姫乃を拘束するように指示すると皐月は姫乃に手錠をし柱に拘束した。1時間後には生徒会員がここに踏み込んでくると氷上に言うと1時間あれば十分だと言うと姫乃のシャツとブラジャーを外し巨乳を出し揉んできた。陥没乳首にしゃぶりつき乳首を起たせる。感じないと強がっていると氷上は姫乃にバイブを見せつける。そのバイブは姫乃が生徒会の後に皐月と2人でマンコに挟みレズっていたバイブだった。生徒会を女だけにしていたのは姫乃がレズをする性対象を選んでいたからだと指摘される。麻里子と祐子を取られたことで嫉妬していただけだといわれる。皐月が姫乃に舌を絡め巨乳を揉みながら手マンで責めてきた。マンコを重ね合わせ氷上に向けるとバイブをマンコの間に入れてきた。バイブに感じ喘ぐ2人はヨガリ潮を噴いて逝った。皐月にフェラチオさせチンポを勃起させ姫乃のマンコに挿入。ゆっくりと入れながら膣中を味わう氷上。バックで激しく突きまくり姫乃を感じさせヨガらせるとマンコに中出しし姫乃を逝かせた。姫乃も入部することが決まった。
imoutonoayanatsutofuyunohakoharuwotoriaijikangaarebatekokiferachioniSEXwoshiteku妹の絢夏と冬乃は小春を取り合い時間があれば手コキフェラチオにSEXをしてくる。次女の千秋に見られても気にすることもなく喘ぎ楽しむ。取り合いして二日経つと2人で精子搾りに夢中になっていた。深夜に目が覚めた小春がトイレに行くと千秋の部屋の扉が少し開いていて明かりが漏れていた。覗いてみると千秋がオナニーしていた。千秋の恥ずかしそうな顔を見るとムラムラして抱きつく小春。オッパイを揉みマンコにしゃぶりつき舐めまわす。可愛い声で喘ぎ感じる千秋は潮噴いて逝く。乳首に吸いつきながら手コキされながら亀頭をグリグリ責められ射精。千秋のマンコに挿入し夢中で腰を振りまくる。感じてる顔を見られるのが恥ずかしいと顔を隠す千秋。鏡の前に移動して顔を見ながらバックから突きまくる。マンコ奥まで突きまくり中出しして2人とも逝った。千秋は小春ではなく兄の春太郎の名前を呼びながら好きだと言った。絢夏と冬乃が小春を横取りしたと入ってきた。小春になっていた兄は元春太郎の姿に戻っていた。
aninoharutarougaimoutotoorunopanteiwochinponimakitsukesenzurishiteirutoayanatsut兄の春太郎が妹達のパンティをチンポに巻きつけセンズリしていると絢夏と千秋と冬乃が部屋に入って来て殴られる。春太郎を忌み嫌い罵倒する妹達。肩身の狭い兄は癒される為にエロゲーにハマっていた。PCを見ると新着メールが来ていた。開いてみると【姉体験週間】と書かれた広告メールがあった。新作の姉物エロゲーだと思った春太郎は早速ダウンロードした。フリーズして動かなくなった。諦めてふて寝する春太郎。翌朝、春太郎の叫ぶ声が家中に響き絢夏と冬乃が怒って入ってきた。春太郎は居なくて男の子がいた。ショタ好きの絢夏は可愛いと言って抱きついた。男の子は子供になってしまった兄の春太郎だった。バレないように誤魔化しネトゲ友達の小春だと絢夏たちに説明した。一緒に朝ご飯を食べようと誘う絢夏。プリンを食べさせる冬乃。小春が牛乳を倒しそうになり絢夏が手を伸ばすが間に合わず小春と絢夏は牛乳まみれになった。一緒に風呂に入り洗うことになった。絢夏の裸を目の前に見れて興奮する小春。身体を洗おうとする絢夏に勃起してることがみつかった。絢夏はチンポを握り扱いてきた。チンポを咥えて亀頭を責められると小春は口内射精した。精子を全部飲む絢夏。勃起が治まらない小春が素股で腰を振り甘えてきた。小春を寝かせて騎乗位でチンポを挿入する絢夏。妹で童貞卒業する兄。下から腰を突き上げながら乳首に吸いつきせめる小春。堪らずマンコに中出しした。続けてバックで突きまくるとヨガリ感じる絢夏。激しく腰を振りマンコに中出しした。
bakuchichiwodanshiseitonijirojiromirareetchinakotowoiwaretenayamumarikohasensein爆乳を男子生徒にジロジロ見られエッチなことを言われて悩む麻里子は先生の氷上に相談した。氷上は麻里子が性的な事に慣れていけば問題が解消出来るといい少しずつ慣れるように特訓していこうと言ってきた。放課後、禁欲部を開始した2人。氷上は麻里子に下着を見せるように指示。恥ずかしがる麻里子はスカートを上げてパンティを氷上に見せると真近くまできてガン見しパンティをチェックした。明日から布の小さいパンティを穿いた方がいいと言った。次に爆乳を露出させボディタッチに慣れるためといい揉みながら明日からノーブラと指示した。乳首を摘み弄りまわす。翌日、男子達はノーブラの爆乳をガン見していた。放課後、一度もオナニーしたことがない麻里子にオナニーして見せるように言う。マンコをパンティの上から弄り乳首を摘んでオナニーしだす麻里子。マンコがジンジンしてきたと氷上に伝えるとパンティを横にずらしマンコを舐め廻してきた氷上。麻里子は喘ぎ感じ逝ってしまった。翌日は勃起チンポを見せつけ握らせ扱き方やフェラチオのやり方を実践で教えていく氷上。口内射精し精子の味を教え飲ませた。翌日手マンでマンコを責められ何度も潮噴いて逝かされた。爆乳でチンポを挟みパイズリを経験した。部活六日目に麻里子が部活を辞めると言ってきた。慣れたから辞めるのはいいと言う氷上は麻里子のスカートを捲ると麻里子はエロ下着を穿いてマン汁を垂らしまくっていた。トロトロのマンコにチンポを挿入すると逝く麻里子。氷上は腰を振りまくりながら淫乱だと麻里子に言い性欲が無くなるまで指導してやると言い何度も奥まで突きまくり中出しして麻里子を逝かせた。
ayanatsutoSEXshitanichiniayanatsunoheyadeisshoninetakoharu_okirutosuguniosowarea絢夏とSEXした日に絢夏の部屋で一緒に寝た小春。起きるとすぐに襲われ朝一SEX。隠れて手コキされ我慢出来ずにトイレでSEXした。絢夏と千秋が学校に登校した日、冬乃と2人で留守番していた。2人になると冬乃が絢夏としていた遊びをしようと言ってきた。SEXしていたことがバレていた。マンコが疼いた時は学校で男子と逝かせ合いをしているという冬乃。キスしてチンポにマンコを擦りつける冬乃。69で舐め合う。チンポにしゃぶりつき責める冬乃。小春はマンコに舌を入れて責める。冬乃のフェラチオに堪らず口内射精した。騎乗位で挿入してきた冬乃は激しく腰を振りまくり責めてくる。喘ぎヨガリ感じていた。子宮まで突き上げマングリ返しで腰を振る小春。冬乃は感じまくり何度も逝かされ中出しされるとまた逝った。2人ともぐったりしていると絢夏達が帰ってきた。SEXしていたことがバレてしまった。
kinyokubumosetsuritsukarahantoshigahetsuta_imadehabuinga4ninninarisorezoreyoubiw禁欲部も設立から半年が経った。今では部員が4人になりそれぞれ曜日を決めて一人ずつ氷上と部活をしている。麻里子と祐子は登校する時にマンコにローターを仕込んで登校していた。月曜日は祐子の日で放課後まで我慢出来ずに体育倉庫で氷上のチンポにしゃぶりつき口内射精してもらい精子を飲みマンコに挿入されSEXする。火曜日は生徒会室で姫乃と活動する。足コキで氷上のチンポを責めまくるが皐月に責められマンコの準備完了で氷上にマンコを突かれまくる。水曜日は皐月の日だった。皐月は謙虚に姫乃に自分の日も譲ろうとするが姫乃にちゃんと禁欲活動するように言われ氷上が手マンで掻き回し大量の潮を噴きSEX。木曜日は麻里子の日だ。爆乳にローションを塗りパイズリから活動開始で何度も中出しSEX。金曜日は部員全員と氷上で絡み合い乱交する。順番にSEXしてヨガリまくっていた。4年後、氷上に教え子の男子から卒業してから付き合ってようやく結婚することになったと嬉しそうに報告された。相手は麻里子だった。部室に行くと麻里子がいた。卒業しても結婚しても部活は続いていた。
hikaminimitsukaribushitsunimanekiireraretayuuko_marikohaseiyokugaosaerarenaikara氷上に見つかり部室に招き入れられた祐子。麻里子は性欲が抑えられないから氷上とSEXして性欲を抑えてもらってると祐子に言う。祐子に男性に触られるのが苦手なことを氷上に相談すればいいと言ってきた。麻里子の勧めで少しだけならと試すことにした。氷上が軽く肩に触れるとビクビクと身体を震わせる祐子。頭を撫でられ深呼吸して落ち着けと言われ少し落ち着く祐子。麻里子が手伝うと言ってきたが手錠して拘束し身動き出来ないようにして見学しておくように言う。祐子の特訓が再開されたが氷上はオッパイを鷲掴みにしてきた。服を捲り直接揉んできた。マンコをパンティの上から触るとびしょびしょに濡れていた。触られるのが苦手ではなく超敏感体質で感じてしまう身体だと分かった。それを祐子に伝え天性の淫乱体質だと言い身体中を弄り責める。淫乱を否定する祐子に勃起チンポを見せると自然にチンポを触りマンコにあてがう祐子。氷上はバックで一気に挿入し突いた。突かれて激しく感じヨガる祐子。それを見て興奮する麻里子の前に背面駅弁で挿入を見せつけ祐子を逝かせ潮を噴かせ氷上はチンポを抜くと麻里子に顔射した。麻里子の拘束を外すとチンポにしゃぶりつく麻里子は騎乗位で挿入し激しく腰を振り喘ぐ。祐子は氷上の顔に顔面騎乗し舐めまわされヨガリ感じた。何度も2人に挿入し逝かして2人にぶっかける氷上。